新刊「毀誉褒貶だから魯山人 馬場啓一著」のお知らせ。

大詐偽師、それとも大天才

未だ毀誉褒貶が著しい北大路魯山人の

軌跡を追う因縁の書。

定価2,500円+税
発売:ギャラ―ステーション

馬場啓一(ばば・けいいち)
元流通経済大学教授、作家・エッセイスト。1948年生まれ。早稲田大学法学部卒業。CMデイレクターを経て文筆の道に。ジャズ、ミステリー、作法、映画、ミュージカル、ファッションと幅広いジャンルを手がける。主な著書に『白洲次郎の生き方』『白洲正子の生き方』(以上、講談社文庫)『池波正太郎が通った味』(夏目書房)『大人のための「和の作法」』『「いき」の作法』(以上、PHP文庫)など多数。
PHPより引用